【ノルウェー水産物審議会HPにレシピが掲載されました】

以前ESSEでさせていただいた
ノルウェー塩さばのモニター&レシピ提案。



その時の監修レシピが
ノルウェー水産物審議会のホームページに掲載されていました。




★ノルウェー塩さばのマイタケクリームソース
さば


どなたかが評価の星を押してくださったのも嬉しいです(*^_^*)



ノルウェー水産物審議会のページには
そのほかノルウェーサーモンの役立つレシピも多数掲載されています。
ESSEのブロガー達がレシピ提案をし、その中の優良レシピがピックアップされています。
(私提案のレシピで選ばれなかったものはイマイチだったんだろうなきっと。。)



どうぞ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ノルウェー水産物審議会公式ホームページ



スポンサーサイト

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【扶桑社発売レシピ本 野菜の大好評レシピ204レポート】

扶桑社ESSEからのプレゼントで
レシピ本を頂きました。

『一年じゅう使える!野菜の大好評レシピ204』



野菜料理、食べるのは好きなんですが
作るのに腰が重くて。

特にもやし!食卓に出すと売れ行きがイマイチなので、作るモチベーションがあがらず。

もやしは安いしカサ増しにもなる食材。
しかし我が家では不人気食材。

打開策を探していたので早速もやし料理を作ってみました。


204もあるレシピから選んだ料理は。。





もやしとアサリのフライパン蒸し。




理由は一番カンタンそうだったから。
レシピ本なのに、これはなんと
衝撃の味付け不要レシピです。
塩少々もない=味付けで失敗しない


もやし、アサリ入れて
ごま油、にんにく入れて
口開いたらワカメとねぎでおわり!


アサリの出汁をもやしがしっかり吸ってくれるので、味付けなしなのにおつまみ味。

アサリ好きの娘にも好評でした。



アマゾンでKindle版もあります。
https://www.amazon.co.jp/一年じゅう使える-野菜の大好評レシピ204-別冊エッセ/dp/4594612350


豆苗、もやし、白菜、大根。。
ヘビロテ食材のマンネリ化打破に
うってつけの本ですね。

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【今年のトレンド 魔法のインソールを試す】




ESSEさんより時間のない私にぴったりなモニターのお話を頂きました♡

履くだけで痩せる魔法のインソールだそう。



インソールの凸凹が足裏のツボを刺激し
むくみ、土踏まずをサポートしてくれるそう。

日常生活に加えるだけで本当に痩せるならありがたい!
今本当に時間がなくて。

20:00 子供たち寝かしつけ
24:00 上の子夜泣き
25:00 主人帰宅 食事
26:00 下の子ミルク
朝方 下の子起きる 。。


睡眠を第一に取ると、趣味、ダイエットは今全部後回し状態。←言い訳


しかし産後太りが実は7キロ!
産後から6ヶ月は体重が一気に減らせる黄金期なのですが
それも過ぎてしまった。。


これが少しでも減るならありがたい♡
随時レポしていきたいと思います(^ ^)





扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら
✳︎



扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【ESSE11月号に参加】


速度制限で遅くなってしまいましたが
発売中のESSE11月号に参加させて頂きました。

別冊付録BeautyBookヘアアレンジページの
モデルです。




この時で5ヶ月だったかな?
出産前の掲載はこれが最後になりそう。

我が家では大掃除をすでに始めていて
出産に向けラストスパートです。



扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら


扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【トップバリュワールドダイニングからヨーロッパシリーズが発売】


ESSE ×サンケイリビング新聞主催
「主婦フェス2016」


トップバリュさんの
ワールドダイニングシリーズ。



アジアンシリーズに加え
ヨーロッパシリーズが発売になりました。


世界の本場の味をご家庭で。
冷凍食品やカップ麺などで
気軽に味わえる商品です。

旅したことない国の料理も食べられ
行ったことある国の料理も思い出せる。
そんな仕上がりになっているので
試食したガパオもしっかり旨辛かったです。


頂いたミーゴレンで早速ひとりごはん。


しっかり旨辛い!本場の味です。

幼児がいるとなかなか作れない
アジアンごはん。
たまにひとりで食べたくなりそうです♡



扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら