【行正り香さん直伝美味しいステーキを焼くコツ】

先日椿山荘にて開催された
主婦フェス2014。

肉好きとしては
必ず参加したかった
料理研究家行正り香
(ゆきまさりか)さんの
「アメリカンビーフセミナー」

{B3442AFE-70EE-4A0C-8F89-1D3AF9D8E9B0:01}



大人気ですぐ満席でしたが
参加できました


行正り香さんといえば
{417DF76C-D106-490D-B6E8-A57E96162750:01}
福岡県出身(=お酒すき?)
カリフォルニア大学卒(ビーフ)

お酒に合うビーフの
専門家ですね

余談ですが
九州出身の女性は
美人でデキる女性がが多い!
(元夫は九州男児だった
私が語る)
私はとうてい届かない
出来の悪い嫁でした



はい、話はズレズレですが
セミナーの中で
1番注目したのは

「失敗しないステーキの焼き方」
ステーキ大好きです

{E22183D5-D16C-49EF-A94C-B995B8323C67:01}


ポイントは
①肉は常温
②熱々もうもうフライパン
③バター泡かけながら焼く
④まな板で2分休ませる
⑤そぎ切り


焼けたら早く食べたーい!と
行正さんのお子さんはごねるそう。
私も同意見です笑

でも休ませると
肉汁が中に入って赤い血汁が
出にくくなるんですって!
早速やってみたい


ステーキに欠かせない
焼き具合の目安。
それはトングで肉を押し
具合を測る職人技。


測るのは手を握ったここの固さ!

{1FEF6FF1-B1B8-405D-87E6-7AB50A590243:01}

力いっぱい=ウェルダン
軽く握る=ミディアム
よわよわ=レア


よくレシピ本で
耳たぶの固さにってありますよね。
きっとそんな感じです!


私もステーキ焼くとき
お肉と手を比べて
つんつんしてみよっと!

{7751F73C-61FD-4B64-9F13-F916BD9D15CC:01}

そして試食タイムは
こんなに豪華でランチ並み

ローストビーフも柔らかく
作り置きしておけば
いいお惣菜になっていいな
ハムとか使うより塩分低いし!


そして行正り香さんの
ウェブサイトを見つけたのですが

写真がすごくすごくきれい!
芸術センスもある方なんですねー
きっとー

あまりに素敵だったので
ご本人の許可も得ず笑
勝手に貼らせていただきます

だめだったら削除します



扶桑社さんご招待
ありがとうございました






スポンサーサイト

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

コメント

非公開コメント

1. コメント(*^_^*)

にゃっ♬最近アメブロマイブームの優香でーす!素敵だったのでぺたの変わりにコメントしました(*^o^*)私はマイペースにかいてますがよかったら遊びに来てください☆