【ノルウェー塩さばめし】

ESSEさんより
ノルウェー塩サバを頂きまして
洋風炊き込みご飯を作ってみました。

きっちり計らないタイプなので
苦手なレシピアップがんばりました!


鯛めしならぬ【洋風さば飯】






ノルウェー塩さば 1枚
砂抜きアサリ 100g
玉ねぎ 4/1
赤パプリカスライス 2/1
レモン   2/1
おろしにんにく 小さじ1
オリーブオイル 大さじ2
酒   40cc
キューブブイヨン 1個
米   200g
水   320g
カットトマト缶 50g
刻みパセリ  少々

【下準備】
さばは切れ目を入れてグリルで焼き目をつけておく
水にブイヨンを溶かす


【★】
1 フライパンでオリーブオイル、おろしにんにく、玉ねぎみじん切りを炒める
2 アサリ、スライスパプリカ、酒を入れて口が開くまで蒸す
蒸したらあさり、パプリカは盛り付けに使うので分けておく


3 ホットプレートで米を炒め、トマト水煮を加える
4 【★】(アサリ、パプリカ以外)を加えてブイヨンスープを加えて沸騰させる
5 焼きさばを加えてホットプレート中火で25分
6 弱火で5分 水加減を調整する(機種により時間調整)
7 アサリ、パプリカ、くし切りレモンを盛り付け、パセリを散らす


ブイヨンが入るので結構味がついています。
立派なノルウェー塩さばなので、見栄え良く1枚どんと使ってみました。



扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【アメリカンポーク最強調味料】

ESSE ×サンケイリビング新聞主催
「主婦フェス2016」

アメリカンポーク料理セミナーで
行正り香さんも好きという調味料。


マイユのマスタード♡



ソムリエ主人推しで我が家も愛用中。
フランス産なのにS&B食品の商品で
イオン等で250円くらいで買えました。


そういやブラッスリー行くと
肉やらパテやらに添えてありました。
主人とこで働くフランス人は
バケットにこれだけ塗って食べてるらしいw
そんな好きなんだ。


酸味強く、辛くない。
今日子供のサンドイッチに隠し味で
塗ったけど何も言いませんでした。


肉焼くとソース作る間に冷めるから
簡単でお気に入り♡


豚肉、ステーキ、ポトフ、白身魚、サンドイッチあたりに使っています。



扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【ESSE4月号の酢しょうがレシピ】

テレビで話題の酢しょうが。
ESSE4月号のレシピで作りました。



思ったよりピンク色に仕上がりました。
しもやけ族なので代謝アップするといいな。
血管年齢、18歳若返った人もいるとか?




扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【ESSE12.1月合併号 ストウブ100人プレゼント】


今月、来月号連続購読で
ESSEから100人にストウブが当たる♡



今月号のピザレシピで
早速ピザ作り。


楽しそうです。

先日も野菜切るのお手伝いしてもらったら
苦手だった小松菜をもりもり食べるようになってびっくり!
食育ちゃんとやらなきゃと実感しましたσ(^_^;)


♡ESSE12.1合併号発売中♡

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら


扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【ESSEレシピ企画②ノルウェー塩サバのソテー 舞茸ミルクソース】


続きましては大好きな舞茸を使って
さばレシピを考えました^_^〜




【ノルウェー塩サバのソテー 舞茸ミルクソース】

塩サバ切り身2分の1
オリーブオイル少々

Aソース
牛乳50cc
舞茸4分の1
塩少々
胡椒少々

飾り用舞茸2つ
パプリカスライス2つ
いんげん1本
オリーブオイル少々


作り方
・塩サバを皮面からソテーする


[ソースを作る]
・サバの焼き汁に牛乳を足してちょっと煮詰める
・みじん切りした舞茸を加えて塩で味を整えてソースを作る

[仕上げ]
・ソテーしたパプリカ、いんげん、舞茸を飾る
・胡椒を皿の余白に振る


みじん切り舞茸を入れると香りが出て
「ポルチーニ茸かと思った!」と
主人がだまされてくれるので
お気に入りアイテム。

焼き汁から出た塩気とミルクソースがなかなか合います。



あー、私事なぼやきですが
娘の衣装製作が間に合わない。。
子供がいると"あとでやろ"がほんと通用しない事を痛感。。
家族旅行前に徹夜かな(´Д` )



扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら