【ESSEレシピ企画①ノルウェーサーモンと黒豆の和風ゼリー寄せ】

ESSEさんよりノルウェーサーモンのモニターの話をいただきまして、作ってみました!

1つめのテーマは"時短で1品増やす、お正月の華やかレシピ"


「おせち料理で作った具材をちょっと拝借して、1品増やしたい」
「余りがちな黒豆を当日出し切りたい」←そもそもおせち余るのがイヤ

というのを解決したく作ったレシピです。


"ノルウェーサーモンと黒豆の和風ゼリー寄せ"





【材料】
イナアガー 5g
水250
料理酒1.5
白だし大さじ1
砂糖小さじ1
濃縮つゆ(4倍) 小さじ1
こんぶだしのもと ~小さじ1好みで



ノルウェーサーモン薄切り(ポン酢で和えたもの)
黒豆(おせちから)
れんこん(筑前煮から)
ゆで枝豆



【作り方】
・鍋で水、イナアガーを入れる
・かき混ぜ、沸騰させたら火を止め、味を整える

・器に具を並べ入れる(透明な器にして下から見るとバランス取りやすいです)
・液を静かに注ぎ入れる



子供2人になってとにかく時間がないので、黒豆と筑前煮からちょっと拝借してリメイク。
母がイナアガーという寒天を教えてくれて、美味しくできるので
マイナーな食材かも知れませんがそれを使いました!
分量変えて粉寒天でもできると思います。


あまり上手でないけどサーモンをバラ型バージョンも。





ノルウェーサーモンは生で食べられる美味しい食材なので、前菜に使うと一気に華やかになりますね。


続く。


扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【撮影】

先日はESSEのタイアップ撮影でした。
産後発だったのでちょっと緊張!
笑顔の練習を大分やってから臨みました。


下の子を連れていけたので助かりました!
撮影でチェックしたコスメはまた後ほど。
ESSE12月発売、1月号が楽しみです(^ ^)










扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら
✳︎

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

ディズニー運動会お弁当 2017。


初めての運動会お弁当。
ポイントは"2日前から仕込み"

人様のキャラ弁でなく、市販のディズニーおせちを参考にしました。

簡単に済ますのも良いけど
たまには全力出してみるのも悪くない。




1段目はトゥーンタウンイメージ



2段目はフローズンファンタジー



練り物以外全部作ったのに
"ソーセージ1番美味しい"ってコラ。


子供って正直(*`へ´*)
なるだけお弁当グッズは買い足さず
これをベースにしたい!



扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら
✳︎


扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【今年のトレンド 魔法のインソールを試す】




ESSEさんより時間のない私にぴったりなモニターのお話を頂きました♡

履くだけで痩せる魔法のインソールだそう。



インソールの凸凹が足裏のツボを刺激し
むくみ、土踏まずをサポートしてくれるそう。

日常生活に加えるだけで本当に痩せるならありがたい!
今本当に時間がなくて。

20:00 子供たち寝かしつけ
24:00 上の子夜泣き
25:00 主人帰宅 食事
26:00 下の子ミルク
朝方 下の子起きる 。。


睡眠を第一に取ると、趣味、ダイエットは今全部後回し状態。←言い訳


しかし産後太りが実は7キロ!
産後から6ヶ月は体重が一気に減らせる黄金期なのですが
それも過ぎてしまった。。


これが少しでも減るならありがたい♡
随時レポしていきたいと思います(^ ^)





扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら
✳︎



扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら

【3000円台で抑えたピアノ発表会ドレス】

先日は初めてのピアノの発表会。
長女はドレスがピアノのモチベーションなので、新しいドレスは必須。


毎年必要だし、かといって子供のレンタルは汚さないよう神経質になるので。


結婚式のドレスも以前購入した
楽天のキャサリンコテージのアウトレットで買いました。




靴と合わせて3000円強。
ヘアアクセは100均でもパールにすると
小さい大人風に。


ヘアアレンジは逆毛盛りにせず
あえて夜会巻きにすると
背伸びした感じになって可愛いと評判でした。

開会の挨拶も任され、はじめは嫌だと言っていたけど
「自分で台詞決めていいならやる」と。


逆にその方がすごいとばぁばが散々言うからつい発表会DVDを買ってしまいました。←親バカ


ドレス着たいがために続けているピアノですが
どんな理由で続けるにしろ、ぜひこのままピアノは好きでいてくれたらいいな!

扶桑社ESSEプラチナレポーターズ
NAGISAのページはこちら